3.4step & coffee
だいたい適当なレビューや視聴記、時々日記で、たまに役に立ちそうなことも書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント: -
「TimeMachineのバックアップファイルを別のHDDへ移行する」。これって昔結構苦難した覚えがあるんだけど、今回必要に迫られて調べてみると...、結果から先に言えば、ただコピーすれば良いだけだった。Appleのオフィシャルでもサポートでちゃんと解説されている。

Time Machine バックアップを別の AirMac Time Capsule に移行する方法 - Apple サポート
既存の Time Machine バックアップを別の AirMac Time Capsule に移行して、その新しい AirMac Time Capsule を普段のバックアップに使う方法を説明します。 ...

Time Machine:既存のバックアップドライブから新しいバックアップドライブにバックアップを転送する方法 - Apple サポート
別の Time Machine バックアップドライブに切り替える場合、既存の Time Machine のバックアップを新しいバックアップドライブに転送してから、新しいドライブを通常の Time Machine のバックアップに使う方法について説明します。 ...


ま、新たにバックアップを作っても済むといえば済むのだが、やはりTimeMachineの醍醐味は過去に遡れるという仕掛け。せっかく取り留めた過去数年分の差分ファイルを、ドライブを変えるからといって無にするのは惜しい。私の場合Time CapsuleのHDDからAirMac Extreamの外付に移行する手順。2つのマシンで計1TB近くあったので、ネットワーク経由でコピー自体に丸一日ぐらいかかってた。そこさえ乗り越えれば、システム環境設定からドライブを選びなおした後、これまで同様差分のバックアップを取ってくれました。もちろん過去に遡れます。

今回はドライブの元も先もネットワーク上だったからか、所有権でつまづくこともなかった。その辺については多少の設定が必要なそうなので、調べてる途中で通りかかった他の方のブログでも参考に。移行先がTime CapsuleだとAirMac ユーティリティで移行できるんかな?

TimeMachineのデータを引っ越し。単純にコピーするだけで成功しました(時間かかったけど) | モカモカ工房
Macのバックアップシステム「TimeMachine」のデータファイルを、新しく買ったポータブルHDDに引っ越しさせました。 SnowLeopardから、TimeMachineのデータファイルは単純にFinder上でコピーすれば継続して使えるようになったようです。 ...

Time Machineのバックアップファイルを新HDDヘ移行。簡単だが複数の注意点あり。 パワーリンゴ/ウェブリブログ
Mac OS X 10.5 Leopardの頃からTime Machineを活用している方なら、そのバックアップファイルを移行する際に大変な作業を強いられる印象が残っているかもしれません。でも、今やバックアップファイルをコピーするだけで移行できちゃう時代なんですよ ...

AirMac Extreme から AirMac Time Capsule への移行 | sugitaku.net
実際に作業してみると、下記の2つを設定選択するだけでした・・・ AirMac Time Capsule の設定選択 移行元の AirMac Extreme の選択 これで、設定が全て引き継がれました。ということで、クライアントの方は設定変更が一切必要がありませんでした。 ...

Macの Time Machine のバックアップデータを別のマシンに復元する方法 — 分からなくて焦ったのでシェア!! | No Second Life
Time Machineのバックアップを別のマシンに復元する方法! あれこれ調べて分かりました。 手順は以下の通り。前提条件として、Time MachineアプリがDockに入っている必要がある。 ...

4番目のはちょっと趣旨は異なるけど、色々と参考になるので合わせて参照。ちなみにTime Machineは1時間毎にBackupに行くのがうるさいので、Time Machine Editorを利用している。バージョンがだいぶ上がってるみたいなので最新版をダウンロードしておこうっと! 

TimeMachineEditor:Time Machineのバックアップ作成インターバルを変更し、より柔軟な運用を実現 | E-WA’S BLOG
Mac OS X 10.5(Leopard)以降標準搭載のバックアップ機能“Time Machine”の作成インターバル(標準では1時間毎固定)を変更するアプリケーション。時間単位でインターバルをより長く設定できるだけでなく、複雑なスケジュール設定も可能です ...


ときに、一昔前はAirMacExtreamの外付はTimeMachineのディスクとしてはNGだったと記憶してるけど(実際には使えてたけど)、最近はどうなんだろう。相変わらずオフィシャルには書かれていないような気がするが...?


スポンサーサイト

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント: 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。