3.4step & coffee
だいたい適当なレビューや視聴記、時々日記で、たまに役に立ちそうなことも書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント: -
ということで、AppleStore初売りにてiPad Air2入手しました(初売りだからって何があるわけもないですけど)。薄いのはわかってたけど、前のiPad(第3世代)と比べてサイズもちょっと小さいんだな。画面サイズは同じなのでベゼルが細くなってるという意味。もちろん処理速度は申し分ない。意外な発見としては、新旧ともに一応iOS8なんだけど、旧iPadでは対応していなかったAirDropが使えるようになった。あと物理的な面では画面回転するロックの切り替えスイッチがなくなった(ソフト側で対応しているので、特に問題はない)。持った感じは軽くてちょっとビビった。

ビビるといえば、ちょっと大きめの音をスピーカーで出すと、本体がビビる。薄くなった所以か、これは旧iPadにはなかった現象で、非常に気持ち悪い。これが唯一の欠点か。あと、Lightningケーブルが挿しやすいけど抜きにくい。裏表がなくなったという意味で挿しやすいのだけど、小さくて掴みにくいという意味で抜きにくい。


iPadのWi-Fiリンク速度を確認する方法


第一印象はこれぐらいにして、本題。初期設定を済ませて真っ先にチェックしようと思ったのがWi-Fiが802.11acでちゃんを接続できているのかということ。先のAirMac Extremeのアクセス制限の設定をし、5GHz帯で接続。ここまで来て、そういえばiPadのリンク速度の調べ方って知らないことに気づいた。

インターネットの通信速度を調べる方法いくらでもある。アプリも出てるし、web上で計測できるページも結構あるはず。しかし、もともと光の速度が貧弱な我が家では、Wi-Fiが802.11acだろうが802.11nだろうが速度は変わらないので、ネット通信速度を計測しても意味がない。知りたいのはWi-Fiの速度だ。

Macであれば「ネットワークユーティリティ」を使えば確認できる。もっとも簡単な方法はoptionキーを押しながらメニューバーのWi-Fiアイコンをクリックすること。しかしiPadにはその手のユーティリティは見当たらない。「設定」内でわからないものかと思ったけど、出てこない。アプリも探してみたが、インターネットの通信速度を調べるアプリばかりで、Wi-Fiのリンク速度を確認できるものは見つけられなかった。

...と、そうこうしているうちに、答えは意外なところに転がっていた。AirMac Extremeでクライアントのリンク速度を確認することができた。具体的にはAirMaユーティリティで接続しているベースステーションをクリックすると現れるワイヤレスクライアント、ここにカーソルオーバーでクライアントの情報が表示される(これは気がつかないわ)。目的はこれで達成されたんだけど、他にiPad(iOS)のWi-Fiリンク速度を確認する方法はないのだろうか。

  iPad3.png iPad(第3世代):802.11n(65MB/秒)
  iPadAir2.png iPad Air2:802.11ac(866MB/秒)
  MBP.png MacBook Pro (Retina, Mid 2012):802.11n(450MB/秒)


結果はこの通り。新旧iPadのリンク速度の違いは明らか。iPad Air2ちゃんと802.11acで接続されているようです。ついでにMacBookProも見てみたんですけど、同じ802.11nでもiPadとは全然違うんだな。3本アンテナだったら11nでも11acの半分ぐらいのスピードは出てる。それにしたって、現時点では所有のMBPよりiPadAir2の方がWi-Fiリンク速度は速いってことですな!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  1. Edit
  2. Permalink
  3. コメント: 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。